【講談社文芸文庫「金色の死」】谷崎潤一郎の短編集を読み終わったので感想を書く

去年の終わりか今年の初めごろからちょこちょこ読んでいた講談社文芸文庫版の「金色の死」。
谷崎潤一郎の短編がいくつか入っているこの作品であるが、長い時間かけて(3ヶ月くらい?)ようやく読み終わった。

短編集などは長編を読む気が起きない時に軽く読めるので、その時だけ読む。そしてこの短編集以外にもちくまの「古典落語」や芥川全集などの短編集を並行して読んでいるため、短編集を読み終わるのはなかなかに時間がかかる。

特に最近だとちくまのナボコフの短編集やヘミングウェイの短編集も安く手に入れたので、ますます読む短編集が増えるという現象が発生している。

まぁそれは本題と関係ないので置いておくが、とにかく時間がかかってしまうので、一通り読み終わった後にそれぞれの小説の振り返り書いておけば、それぞれの話の印象をより記憶に残せるのではないかと思うので、作品ごとに振り返り感想を書いていきたいと思う。

 

金色の死

この短編集の最初に収録されているのが金色の死という作品である。この作品は三島由紀夫が批評していることで有名らしい(三島由紀夫の「作家論」にその批評があるらしい)。

三島はこの作品を他の有名作である「細雪」や「痴人の愛」などよりもページ数をかけ批評しているらしく相当思い入れを持っていることがうかがえる。この短編集の巻末解説にそんな感じのことが書いてある。

内容としてはドイツの美術評論家であるレッシングが書いた古代ギリシャのラオコオンという彫像などを批評した「ラオコオン」という本の美術論を背景として2人の芸術家志望の男たちがそれぞれの考えで芸術家をやっていくという話である。

こう書くとお堅い感じがするが物語自体は2人の芸術家がライバル的な感じで切磋琢磨する感じの話なので読んでて普通に面白い。

谷崎作品でよくある耽美的な(要はえっちな)要素はあまりなかったと記憶しているが、BL的な話として読めなくはないのかもしれない。

個人的にはここからレッシングの「ラオコオン」に興味を持ち、「ラオコオン」から古代ギリシャの著作に興味を持ったので「金色の死」自体も相当印象に残っている作品である。

 

人面疽(じんめんそ)

正直あまり覚えていないが自分の読書メモによると、「漫画みたいな設定で完全に寄生獣じゃん!」と書いてある。

ホラー的な話だったことを記憶しているがあまり印象に残っていない。

確か劇中劇みたいな構造で、映画のフィルムを1人で見ていると何か不幸が起こるとかいう内容だった気がする。

そしてその映画の内容が寄生獣的な感じなのでメモにもそう書いてあるのだと思う。

 

小さな王国

この話は谷崎の短編の中でも一番好きかもしれない(金色の死かこの作品が一番)。

主人公は子供がたくさんいる小学校の先生で、その先生が務めている学校に沼倉という生徒が転校してくる。

その沼倉という生徒が人たらしの天才で、見た目はパッとしないが転校して間もなくクラスの人間を支配していくようになっていく。

そういった生徒に対してどう接していくかという感じの話。話の展開もすごいがオチが強烈で見どころだと思う。詳しく話すとネタバレになるので書かないが、谷崎の作品が苦手ない人でも読めると思うので読んだことない人には非常にオススメ

 

 

母を恋うる記

正直この作品はよくわからなかった。

谷崎潤一郎の夢をそのまま描いた感じなのだろうか?

読みづらい印象しか残っていないが、何かしら意味がありそうなのでそのうち読み返すかもしれない。

 

富美子の足

ある老人の依頼を受け成り行きでその老人の妾である17歳の富美子の絵を描かされることになる美術学生。

描かされるポーズは脚フェチにはたまらないポーズらしく、ともに脚フェチである老人と学生は徐々にそれぞれのフェティシズムを共有することになっていく。

最終的に老人は富美子の足に踏まれながら、幸福な気持ちで人生終えることになる。

数ページにわたって富美子の足の造形のすばらしさが語られるわけであるが、個人的には少し冗長だと感じた。

ただ絵画の批評としては参考になる文章な気もする。絵画といっても西洋絵画のようなものではなく現代の萌えエロ絵みたいな感じの批評のこと。

谷崎が現代に生きていたら2次元萌え絵師、エロ漫画家などが描く女性の足を文章で的確に批評していたのかもしれない。ブログとかツイッターで。

 

途上

これは探偵小説のような感じで、ある法学者の先生が妻を間接的に殺したということを探偵に問い詰められるという話になっている。

面白くはあったが普通の探偵小説なので特に語ることはない。

 

青い花

よくわからなかったのでそのうちもう一回読むつもり。

まだあまり咀嚼できてないがこれもなかなかすごいこと書いてある。

 

まとめ

以上が感想になる。

正直第三者が見て意味のあるものではない気がするので完全に個人的なまとめになってしまったと思うが、もし見て頂けている方がいるのであれば、私の文章の巧拙に関わらず谷崎の作品を手に取ってみることをおすすめする。

谷崎の文章に接していて思うのは、これだけ性表現がありふれている現代から見ても、谷崎の性的な描写は非常に新鮮に映るということだ。

ノーベル文学賞を取っていない(確かノミネートはされていたとは思うが)ので、川端康成と比べると読んでいる人も少ないのではないかと思う。

前にツイッターに書いた気がするが個人的には川端よりも谷崎のほうが好きである。その理由は川端はどうにも気持ち悪く見えるが、谷崎は驚愕する変態性を見せてくるからである。

谷崎の小説は新潮文庫に大量にあるので、そこから入ってみるといいのではないだろうか?個人的なオススメは痴人の愛と春琴抄。

以上。

 

【書評】中公新書「日露戦争史」の感想

明治や大正などの古典文学を読んでいくと時代背景を知っておかないと理解できない部分があると思います。

例としては現代を理解するのであればネットがどういったものかある程度理解していないといけないですし、現代日本の作品の場合震災などに大きな歴史的文脈を知っておかないとわからない作品などがあるのです。

今回はそういった明治・大正期の歴史知識を補完していくために「日露戦争史」という本を読んでみたのでその感想を書いていきたいと思います。

続きを読む

【書評】「『哲学探究』入門」を読んだので感想を書きます!

ウィトゲンシュタイン後期の書物である「哲学探究」の入門書として評価が高かったので、中村昇さんが執筆した「『哲学探究』入門」を読んでみました。

いきなり原書に挑まず、入門書を読む理由としては「哲学探究」は非常に難解な書物と聞きましたので、まずは入門書から読まないと理解できないと思っていたからです。

そして選択した「『哲学探究』入門」ですが、こちらの本は確かにウィトゲンシュタインの問題意識について知れるのは確かだと思います。

しかし、それでもやはり難解な点が多くよくわからない点も多かったので、なぜそう感じたかを書いていきたいと思います。

続きを読む

【非モテにおすすめ】武者小路実篤の「お目出たき人」はこじらせすぎてて最高

非モテの方々はもしかしたらこういった経験があるのではないでしょうか?

街中や駅の構内を歩いているときにすれ違うカップル。その人たちを見て死にたくなってくるというような経験です。

実際に自分もそういった経験があります。経験則でいうとこういう時はお腹が空いていることが多いので、何かを食べれば自分の場合は大概解決しました。

「人間の体は単純だなぁ」と思われるエピソードですが、深く悩みすぎてしまう人の場合はおなかを満たしても解決しない場合もあるでしょう。

武者小路実篤さんが書かれた小説「お目出たき人」はそのように深く考えすぎてしまう人の話となっています。非モテの方には共感できると思いますので非常にお勧めです。

この記事にてあらすじや魅力などについても紹介していきたいと思いますので是非ご覧ください!

続きを読む

【書評】「歯車」での芥川龍之介の暗(やみ)とは何なのか?

筑摩書房の芥川龍之介全集を気になる作品から読み込んでいるのだが、後期の作品の奥深さはすさまじいものがあると思う。

読んだものの中で、個人的に完成度が高いNo1は「河童」ではあると思うが、一番芥川の内面が出ているのは「歯車」である。

今回はそんな「歯車」に出てくる謎や魅力を書いていき、芥川の内面に迫っていきたいと思う。

続きを読む

【書評】相思相愛でもうまくいかない小説「狭き門」読んだので感想書いてみる

アンドレ・ジッドというフランスの作家が書いた「狭き門」を読み終えたので感想などを書いていこうと思う。

この本はキリスト教がテーマに絡んでいるので、あまり詳しくない自分は正直わからなかったことも多かった。

しかし、物語自体は非常に面白くキリスト教に詳しくない人でも楽しめると思う。

岩波文庫で安く売っているので興味がある人は買ってみるといいかもしれない(岩波文庫だと表紙でネタバレしてるから気を付けたほうがいい)。

ちなみにネタバレするつもりなので読んでいない人は注意が必要。ただネタバレされたとしても面白く読めるとは思う。

続きを読む

【荒ぶる季節の乙女どもよ。1話感想】幼馴染に自慰行為を目撃される衝撃アニメ!

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の1話が放送され視聴したので感想を書いていく。

端的に言うととても面白かった。下ネタ満載でインパクトのつよいシーンが多く、岡田麿里の色満載といった感じである。特にラストシーンの引きの強さはみた方ならわかると思うが反則級に衝撃的なシーンだった。

ネタバレ多めなので、先に本編を見てから見ることをおすすめする(滅茶苦茶面白いので絶対見るべき)。

ニコニコ動画でも配信されているのでコメント付きで見たいならそっちへどうぞ。以下リンク。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>
dアニメストア
ニコニコ動画

続きを読む

【アニメ感想/考察】最近NETFLIXで配信された妄想代理人を見たら最高だった件

以前から見たいと思っていた妄想代理人を見たので感想を書いていく。

妄想代理人はOPが強烈なので、その映像と平沢進の音楽だけ知っている人も多いだろう。監督はパプリカやパーフェクトブルーを手掛けた今は亡き今敏さんである。

見た感想を一言で言うと強烈な一撃を食らったという感じ。テーマの表現方法が痛快で、幾原邦彦監督よりはわかりやすいけどメタファーが多々含まれており様々な点で非常に面白かった。

今回はこの妄想代理人というアニメの感想や考察を書いていきたいと思う。

続きを読む

幾原邦彦監督の新作アニメ「さらざんまい」のPVを考察してみた

2019年4月から放送予定のアニメ「さらざんまい」。

監督は「少女革命ウテナ」や「輪るピングドラム」、「ユリ熊嵐」で有名な幾原邦彦監督。

どの作品も一見しただけではわからないような難解な演出や、記号的なものをたくさん置いていくことで複雑な意味を持たせるといった映像づくりをしており、一言で言えばかなり独特な作風と言えるでしょう。

自分は幾原監督の独特な演出が好きで、今回のアニメ「さらざんまい」もとても楽しみなためPVを何度も見ています。

なぜPVを何度も見るのかという声もあるかもしれませんが、単純に何度見ても様々な考察ができて、見ていて飽きないのです。

今回はこの作品の概要や自分がPVを見ていて気になった部分などを書くことによって、この記事を見た方に少しでも「さらざんまい」の魅力を伝えることができればと思っています。

もうすでにあらすじを把握していてPVも視聴済みの方は「3:pvで気になったところ」の部分からこの記事をご覧ください。

それでは実際にこの作品を紹介していきたいと思います。

続きを読む

VTuberドラマ「四月一日さん家の」からVTuberの新たな可能性について考えてみた

2月21日、VTuber界に衝撃の朗報が届いてきました。
それが以下になります。

なんとVTuberがドラマ化するということになりました!

VTuberが他の人格を演じてドラマを作ることはおそらく初めてで自分はこのツイートを見たときに衝撃を受けました。

今回はこのVTuberが他の人格を演ずることについて自分が考えたことを書いていきたいと思います!

続きを読む